Pマーク(プライバシーマーク取得)取得コンサルティング

プライバシーマークとは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会が事業者に対し個人情報の取扱が適切に行えているかを審査し、合格の場合にプライバシーマークを付与をする認定制度になります。

プライバシーマークの付与された事業者は、法律への適合性はもちろんのこと、自主的により高い保護レベルの個人情報保護マネジメントシステムを確立し、運用していることをアピールすることができます。

個人情報の取扱いについては、ますます厳しい目で見られるようになりますが、プライバシーマーク認証の取得で、一般消費者に個人情報を適切に取り扱っている企業(Webサイト)であることをアピールして信頼を得ることができます。また、Pマークを取得した取引先とスムーズに契約が結べるたり、官公庁の入札に参加することができる等、受注増が見込めます。

ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)取得コンサルティング

ISMS認証とは、国際規格であるISO27001などの規格や要求事項に則ったマネジメントシステムを運用し、認証機関の審査を受けることで取得することができます。

対外的な最も大きなメリットとしては、顧客からの信頼性向上です。ISMS認証をしていることで、情報セキュリティに対して一定のレベルを有していることがアピールできます。
言葉で「情報セキュリティ対策について取り組んでいる」といっても、説明としては十分とはいえません。国際基準に基づいた第三者評価の認証を受けているということで、情報セキュリティへの取り組みについての信用度が高まります。

また、社内的な最も大きなメリットは、情報セキュリティリスクの低減です。 顧客の個人情報や企業情報といった重大な企業機密を、情報セキュリティマネジメントシステムによって適切に扱うことができるようになります

つまり、顧客からの信頼性を高めるだけではなく、他社との差別化によるアピールポイントとなるでしょう。官公庁の入札案件のなかには、ISMS認証を取得していることを参加条件に課しているケースもあります。また、取引企業から認証の取得を求められることもあるでしょう。そのため、ISMS認証を取得することで、売上機会に恵まれる可能性があります。