Webサイトの常時SSL化が完了

常時SSLとはWebサイト全体をSSL化する(暗号化通信)のための仕組みです。URLは、https://~となります。

全てのページを常時SSL化しておけば、トップページを開いた時点からブラウザのアドレスバーに鍵のマークが表示され、SSL証明書にて暗号化やドメインが実在していることを証明しています。
このような安心を提供する上でも常時SSL化は重要な要素となります。

先日まで、私のサイト(www.nextplanning.com)は、アドレスバーのアイコンをクリックすると「このサイトへの接続は保護されていません」と警告が表示されていました。

常時SSL化後は、アドレスバーに「保護された通信」となり鍵マークが表示されるようになりました。